MENU

ドスケベふたなり男の娘と自分がセックスするプッシュマインのアダルトコミック

この記事はドスケベふたなり男の娘と自分がセックスするプッシュマインのアダルトコミックについてご紹介します。

この画像はふたなり×セックスものになっています。

"
タイトルドスケベふたなり男の娘と自分がセックスするプッシュマインのアダルトコミック
品番d_235127
タグアキラ,あたり,続編,幼馴染,ふたなり,カオル,最近,機会,今日,様子,悶々,女性,セックス,目撃,翌日,模様,きのう,負い目,彼女,決心,エッチ,ユカリ,当人,交流,進展,登場,人物,瀬尾,自分,整理,距離,会話,及川,本心,正直,偶然,奔放,性分,生活,二橋,沢山,フレンド,セフレ,プレイ,内容,連結,言及,仕様,本文,カラー,画像,サイズ,表紙,あとがき,おまけ,漫画,モノクロ,着衣,差分,ページ,作画,制作,プッシュ,マイン,ふたなり,成人向け,男性向け,和姦,おっぱい,オールハッピー,3P・4P,アナル,フェラ,中出し,女装・男の娘,巨乳,旧作,ふたなり男の娘,彼女,プッシュマイン,エッチ,セックス
メーカープッシュマイン
発売日2022/07/11 16:00
販売数850
お気に入り数197
レビュー数1
レビュー平均点5
気になる幼馴染(男の娘)とふたなりさんと3Pして仲良くなっていく話 ———————————————————————— ▼あらすじ 幼馴染のカオルが男の娘として過ごしているのにまだ慣れないでいるアキラ。 最近はとくに話す機会もなく、今日も誰かに会いに行っている様子… 悶々としながらもその跡をつけてしまったアキラは、 そこでふたなりの女性とセックスをしているカオルの姿を目撃してしまう。 しかしすぐに二人に気づかれてしまい、慌ててその場から逃げ出すアキラ。 翌日、なにも気にしていない模様のカオルのほうからアキラに話しかけてくる。 きのうの女性がアキラに会いたいのだと言う。 『謝りには行った方がいいよね…』負い目を感じるアキラはそう思い、彼女と会うことを決心するが― 「ねぇアキラ君。私とエッチな遊びしてみたくない?」 ふたなりの女性・ユカリ。カオルとセックスをしていた当人にそう申し込まれてしまい― ふたなりさんとのエッチな交流を通して、二人の幼馴染の仲がちょっぴり進展するお話です。 ▼登場人物 ・瀬尾アキラ 幼馴染であるカオルが男の娘として過ごしはじめてから 自分の心の中で整理が付かずその距離感を掴みあぐねている 今日も会話が出来なかったある日、ふとカオルの跡をつけてみると… ・及川カオル アキラの幼馴染 いつしか自分の本心に正直となり男の娘として過ごすようになった 偶然知り合ったユカリの奔放な性分と生活に憧れている ・二橋ユカリ ふたなりの女性 沢山のセックスフレンドの居る性豪 偶然にも新たに年若い二人のセフレが出来て喜ぶが… ▼プレイ内容 ・ユカリ×カオル ・ユカリ×アキラ ・アキラ×ユカリ ・アキラ×カオル ・カオル×アキラ ・ユカリ×カオル×アキラ 3P ※三連結あり ※カオル×ユカリだけありません(言及あり) ▼仕様 ・本文フルカラー ・画像サイズ 2511×3544 ・PDF同梱 表紙+本文61P+あとがきおまけ1コマ漫画(モノクロ)+表紙着衣なし差分 総ページ数 64ページ ———————————————————————— 作画:かまた Twitter @kmttntn 制作:プッシュマイン Twitter @push_mineドスケベふたなり男の娘と自分がセックスするプッシュマインのアダルトコミック

【プッシュマイン】貧乳ふたなりの割れ目が丸見えな画像

""""""""

ドスケベふたなり男の娘と自分がセックスするプッシュマインのアダルトコミックについてご紹介します。

男の娘の巨乳がエロいこの画像はプッシュマインの画像です。

内容としては男の娘がセックスします。

ぼて腹のふたなりはとてもエロいです。

そして、金髪のふたなりがたまりません。

金髪でボリュームボディのふたなりと一緒に自分がセックスしているところ、マンコが見えていい感じです。

一番いいのは、ふたなりがポルチオの中でイクとき、まるでエッチされてるような無表情の顔をしていることです。

ロングヘアの着衣ふたなりが巨乳を揺らしてエッチにハマる姿や自分のおちんちんを挿入されて無表情の顔をするポニーテールふたなりの痴態を堪能できました。

ポニーテールふたなりの無表情の顔が良い画像なので気になった方はぜひ。

こんな人におすすめ

男の娘のマンコが出る画像が好きな人

めっちゃよかったです! アキラ君が受けになるあたりからめっちゃ好きです! 続編とかめっちゃきになるのでできればだしてほしいです!

こんな人におすすめ

ふたなりの恥部が出る画像が好きな人

トップ